大腸がんは医療機関で治療する|病気進行ストッパー

先生

早期に対応する

doctor

近年、乳がんによって乳房全摘出する人は減り、乳房温存がしやすい傾向にあります。もし全摘出しても、同時に再建手術も行えるようになってきています。乳がん予防には、飲酒を控え、運動を心がける必要があります。

近年、増えているガン

腹痛

直腸がんというのは、日本人の間で増加傾向にあるガンです。直腸というのは、肛門のすぐ近くにある場所です。主な原因は、動物性脂肪を大量に摂ることによるものです。食生活さえ改善すれば予防できるので、肉を控えて、野菜、海草を多く摂るようにすると良いです。

とても恐ろしい病気

腹痛

胆管がんは、初期症状がなかなかないので、早期発見が難しいガンといわれています。進行した状態で見つかることが多く、手術も難しい状態なので、死亡率がとても高いガンです。したがって、病院で検査を受けて早期発見を行うことが大事です。

大腸の悪性腫瘍

nurse

大腸の概要と腫瘍

大腸がんとは大腸と呼ばれる臓器にできる悪性腫瘍の事です。大腸は大きく分けて三つの部位に分ける事ができます。盲腸、結腸、そして直腸です。大腸は平均して二メートルを超える長い臓器で、食物繊維の分解や水分の吸収などを行う器官です。大腸がんは他の悪性腫瘍の中でも罹患率が高く、女性では全体でトップ、男性でも第三位の座を占めています。日本人全体で見ると肺がん、胃がんに続いて三番目に多いがんです。大腸がん患者は遠くない将来において胃がんを追い越し、罹患数第二位になると予想されるなど、近年では増加の一途を辿っています。世界各国によって発症部位にバラつきがあり、日本では盲腸がんの罹患者が少なく、結腸がんと直腸がんが多い傾向があります。

早期発見の重要性

大腸がんは五十歳を過ぎると目に見えて罹患者が増え始めます。それ以降も高齢になればなるほど発症のリスクが高くなる病気です。他の部位のがんと比較して、生存率が高い事が特徴の一つで、罹患者は死亡者の二倍となっています。つまり二人に一人は長期に渡って生存が可能なのです。大腸がんには二つの発生原因があります。元々あった良性の腫瘍ががん化する場合と大腸の粘膜が直接がん化する場合です。大腸がんに初期症状はありませんが、その進行速度は非常にゆっくりです。また早期発見できた場合は完全に取り除く事が可能です。前述の通り、進行速度が遅く生存率も高いため、仮に発症したとしても多くの手段が取れます。そのため、定期的な健康診断が重要になってきます。