大腸がんは医療機関で治療する|病気進行ストッパー

先生

近年、増えているガン

腹痛

具体的な症状とは

直腸がんは、日本人に最近増えている病気です。この直腸がんとは、直腸の粘膜から発生する悪性腫瘍のことです。そもそも直腸は、肛門から約20cmの大腸の部分を指します。この部分は、骨盤の骨に囲まれた狭い場所にある事が特徴的です。直腸がんの主な原因は、肉などの動物性脂肪をたくさん摂取することと考えられています。直腸がんは、初期の段階ではほとんど自覚症状がないという特徴があります。ある程度、進行すると、便が黒色になる、便から出血するなどの症状が見られます。その他にも、便からの出血による貧血、全身の倦怠感、強い便意と下痢の症状も特徴です。それと、腸の腫瘍が大きいと便が細くなるなどの症状も見られます。これらの兆候が見られたら、すぐに病院で診察する必要が有ります。

予防のための方法

直腸がんを予防するための一番の方法は、食生活の改善です。というのも、直腸がんは肉などの動物性脂肪を過剰に摂取することで引き起こされるからです。動物性脂肪を摂ると、体は分解するために胆汁をたくさん分泌します。その胆汁には、発がん性のある物質も含まれているのです。この物質が、消化のために大腸内に長く留まることでガンのリスクが高まります。したがって、肉などはなるべく控えて、便通をよくする野菜や豆類、海藻を食べると良いです。その他にも、魚に多く含まれる不飽和脂肪酸は直腸がんの予防になります。その他の食事での注意点は、飲酒の量もほどほどにすることです。アルコールを大量に飲むことで、がんリスクは高まるという結果が有ります。嗜む程度で控えると良いです。