大腸がんは医療機関で治療する|病気進行ストッパー

先生

早期に対応する

doctor

変化する対応方法

乳がんと言えば、全摘出するものというイメージも大いにあったものですが、近年はそのイメージも変化しています。なるべく乳房を残すべく、乳房温存手術を行うことが多くなったいるのです。また、乳がんの治療において、手術前後で抗がん剤やホルモン剤を使い、なるべく入院を短くする取り組みが行われています。乳がん手術において、がんが進行しているなどの理由によって乳房を温存できなかった場合はもちろん全摘出もあります。ただ、摘出と同時に再建することも可能となっているのです。傷はあっても、乳房の胸のふくらみを保つことができるのです。その結果乳がんの手術において、同時再建を行う人数は増加傾向にあります。これからも乳房温存、また再建の人数は増加していくことでしょう。

原因を知っておく

乳がんになる原因として考えられているものが多くあります。それらを知っておくことで、乳がんの早期発見に備えておくことができます。まずは、遺伝的な要因です。一親等の身内が乳がんであれば、可能性が高いです。また、生理的な要因、生殖的な要因として、初経が早いもしくは閉経が遅いことです。関連して出産歴がない、初産年齢が遅いことも挙げられます。これは乳腺が長い間エストロゲンの影響を受けるからだと考えられています。また、飲酒の習慣が乳がん発生に影響を及ぼしていることが報告されています。その一方で、運動の習慣は乳がん予防に効果があると言われています。さらに、食生活の欧米化により肥満が増え、脂肪が増加、女性ホルモンも増加しており、乳がんを誘発していると言われています。今一度、生活習慣を見直しましょう。