大腸がんは医療機関で治療する|病気進行ストッパー

先生

とても恐ろしい病気

腹痛

初期症状がないガン

近年、とても恐ろしいガンとして注目が集まっているのは、胆管がんです。この胆管がんとは、胆管の上皮に発生する悪性腫瘍のことです。その症状の特徴は、ガンの初期には全く症状がないことです。進行して初めて、腹痛、黄疸、だるさ、食欲がない、体重減少、発熱などの症状が現われます。胆管がんの一番恐ろしいところは、最も治りにくいがんといわれていることです。というのも、初期症状が非常に乏しいので、早期発見がなかなか難しいからです。多くの患者は、ステージII以降の進行がんの状態で発見されます。したがって、最適な施術が行えずに死亡率が高くなってしまいます。手術ができない場合の1年の生存率は、約20パーセントと厳しいです。

具体的な対策

胆管がんは、早期発見することで死亡のリスクを減らすことができます。そのためには、病院で年に一度のペースで定期健診を受けることが大事です。そもそも胆管がんは、初期に特徴的な症状が現れないので早期発見が難しいです。病院では腹部超音波検査によって、異常をすぐに発見することができます。苦痛を伴わない簡単な検査なので、定期的に受けると良いです。その他の胆管がんの対策としては、食生活をバランスよく摂ることが大事です。ガンは、肉類などの脂肪、コレステロールの多い食事を摂ることで発生率が高まります。なので、肉類を控えて、野菜や魚などの食品を多く摂取して栄耀のバランスに気を配ると良いです。また、普段の生活でストレスを適度に発散することも大事といえます。